診療案内

白内障イメージ

白内障

白内障は眼の中にある水晶体が白く濁ることで、ものが見にくくなる病気です。主に加齢によって発症いたします。治療方法は主に手術となります。
手術前にいくつかの検査を行います。検査結果はできるだけ速やかに、わかりやすくお伝えいたします。

当院では東京慈恵医科大学で白内障専門外来を担当していた院長が白内障の治療・手術をいたします。

緑内障イメージ

緑内障

視界の一部が欠けているように見えます。主に眼圧が上昇し視神経が障害されて目で見た情報が上手に脳に伝わりにくくなる病気です。一度障害を受けた視神経は元には戻らないため、緑内障を完治させることはできません。 したがって、緑内障の治療は、視神経がダメージを受けてこれ以上視野が狭くならないように、眼圧を下げることが基本となります。

患者様の不安や悩みも解消できるよう丁寧な問診や説明を心掛けます。

糖尿病網膜症イメージ

糖尿病網膜症

糖尿病の合併症として起きてくる目の病気です。網膜の血管がつまったり変形したり出血をおこしたりして視力が低下する病気です。

糖尿病網膜症は病期を見極めることが治療のうえで重要ですので、お一人おひとりへ丁寧に問診・治療を行っていきます。

網膜剥離イメージ

網膜剥離

眼球の内側にある網膜が剥がれて、視力が低下する病気です。虫や糸くずのようなものがふわふわと目の前を飛んで見える「飛蚊症」が起きることもあります。
レーザー治療のみで改善することもありますが、手術となる場合が多い病気です。患者様の状態に合わせて治療を行います。

黄斑変性イメージ

黄斑変性

見ようとするものがゆがんだり、中心部がぼやけてしまい視界が狭くなります。最近では50歳代から増加し始め、高齢化と共に急増しています。
患者様の不安や悩みも受け止め、丁寧に問診・治療を行います。

アレルギー性結膜炎イメージ

アレルギー性結膜炎

花粉やハウスダストが原因となって起こる眼のアレルギーです。代表的な症状は眼の痒み、白目が赤く充血するなどです。

治療方法は内服薬、点眼薬などありますが、患者さんの症状を丁寧に問診した上で決定していきます。

ドライアイイメージ

ドライアイ

涙の量が不足したり、涙の質が低下することによって眼に涙が十分に行きわたらず眼の表面が傷ついてしまう病気です。眼が乾く、ゴロゴロする、眼がかすむという症状が一般的です。 一般的なドライアイは、加齢や長時間のパソコンでの作業、エアコンによる乾燥、コンタクトレンズの使用などが原因です。
丁寧に問診し症状を改善していきます。

眼精疲労イメージ

眼精疲労

眼を酷使することによる眼痛・眼のかすみ・まぶしさ・充血などの症状です。ひどい場合は頭痛・肩こり・吐き気などの症状が出る場合もあります。
生活上の注意点などをお話しし、定期的にフォローいたします。

その他、眼に関する病気・怪我全般イメージ

その他、眼に関する病気・怪我全般

その他、眼についてお困りのこと、眼の怪我などお気軽にご相談ください。